カフェ・喫茶店

【川口市】相談処カフェ 気ままの手作り甘酒でホッと一息!

元看護師が居る心と体の相談処

自家製甘酒と麹で作る健康レシピ

先日、川口市安行領根岸にある相談処カフェ気まま。さんにお邪魔してきました〜。

モーニングが食べれる店

住宅街に突如あらわれるモーニングのノボリ。

食を通して健康を

どうやら朝6:30位からやっているんだそうです。

本日のモーニングメニューと本日のランチメニュー

甘酒で煮込んだカレープレートの野菜は柔らかく、優しい味わい

小鉢、サラダ、味噌汁もついてお得

この日はランチでお邪魔して、特製甘酒カレープレートと本日のお楽しみ丼→うま煮丼セットを注文。

米麹からの手作り甘酒

店主さんにお話を伺うと、お米から甘酒を作っていて自然な甘さがウリなんだとか!

きな粉の栄養素も加わって最強ドリンク

この日も寒かったのでまずはホット甘酒をいただきました。

トロリとした甘酒に少しきな粉がかかっていて美味しい。

身体も温まるし健康にも良いしで最高ですよね。

濃く深くとても美味しい

気ままさんの名物でもある甘酒カレーも、甘酒の優しい甘さが活かされていいます!

サラダには自家製甘酒ドレッシング

付け合わせのサラダも採れたて野菜をこちらも自家製甘酒ドレッシングでいただけば胃腸が大喜び。

海老がプリプリしていて美味しい

日替わりのうま煮丼も大きなエビが入って、これまた野菜たっぷり。

濃厚エスプレッソの苦さとバニラアイスの甘さが混ざってほろ苦い味わい

食後のコーヒーで一息

食後には濃厚エスプレッソを使ったアフォガードでまったりしてしました。

テイクアウトもやっています

名物の甘酒はテイクアウト販売も始めたらしく、大瓶で定期的に買っていく方も多いそうですよ〜。

昔からある日本の健康食ってやっぱり僕たちの遺伝子レベルでベストマッチングなんでしょうね!

この後バリバリ一日中元気でした。

気まま。さんのモーニングもお散歩がてらの方や甘酒を求めてくる方などが来るそうです

この辺りで朝早くから開いてるお店はとても少ないので凄く貴重!

店主さんも無理をせずに長く続けてほしいですね。

また、普通のカフェではなく相談処と名前にあるので気になって聞いてみたところ、店主さんは長年看護師をしていて、沢山の患者さんに寄り添い悩みを聞いてきたそうです。

お店のオリジナルグッズ販売中

温もりを感じる店内

地域交流の場となることを願っています

そんな経験がカフェ営業を通して活かせるのではないかと、相談処としての取り組みもおこなっているそう!

確かに、店主さんはとても明るく朗らかで話していてとても元気がもらえました。

お店の前に駐車場もあるので車でもOK。

是非遊びに行ってみてくださいね〜。

相談処カフェ 気まま。さん詳細

住所:〒333-0834 埼玉県川口市安行領根岸1171−14

電話番号:048-286-5045

営業時間:6時30分~15時

定休日:月・木・日曜日

HP:https://kawaguchicci.or.jp/plat/pl_disp_company_detail.cgi?company=2334&btob=1

https://www.instagram.com/kawaguchi_kimama/

川口なびっ!内の相談処カフェ 気まま。さんページヘ

ABOUT ME
yoheikawanavi2020
川口なびっ!の修行僧 ・担当記事:取材記事全般 ・座右の銘: 笑うと幸せがくる ・出身地:埼玉県川口市(旧鳩ヶ谷市) ・好きな食べ物:米、豆、木の実、香草、魚、肉 ・嫌いな食べ物:なし ・好きな物:神社仏閣、夏、鳥、動物、辛いもの ・嫌いな物:腰痛 ・特技:料理、Web ・趣味・好きな事:筋トレ、カメラ、ゲーム ・紹介文 川口なびっ!を創設したまるこめ修行僧。 地元川口市でなにかできないかと、考えた結果ポータルメディアで人のためになることをしようと決意。 名刺のイラストの両手で表している「3」と「0」は「川口」を表していると本人は話しているが、全く浸透していない。 頭を丸めているのは、ハゲているからだとの説が濃厚だが本人は認めていない。 本人談によると中学生の頃から成長していないとのこと。果たして大丈夫なのだろうか。 調理学校の出で、しばらくは調理関系の仕事をしていた。 幼少の頃、お買い物を頼まれた千円で全てビックリマンチョコを大人買いして親に無茶苦茶怒られた経験あり。 また、室内で打ち上げ花火をぶっぱなして親に無茶苦茶怒られた経験あり。 そして、お茶碗でご飯を丸める為バウンドさせていて天井にご飯ボールをぶつけてしまいそのままご飯が天井に残ったのが見つかり、親に滅茶苦茶怒られた経験あり。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。